伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸 RKM-4 4mm こうまる 驚きの価格が実現 正規品

伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4

伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸 RKM-4 4mm こうまる 驚きの価格が実現 伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸 RKM-4 4mm こうまる 驚きの価格が実現 1320円 伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4 ファッション 腕時計、アクセサリー レディースアクセサリー /blog/zyxgoltuoytlevontsavtabe-28749.html,伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4,www.mycamerawork.com,ファッション , 腕時計、アクセサリー , レディースアクセサリー,1320円 /blog/zyxgoltuoytlevontsavtabe-28749.html,伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4,www.mycamerawork.com,ファッション , 腕時計、アクセサリー , レディースアクセサリー,1320円 1320円 伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4 ファッション 腕時計、アクセサリー レディースアクセサリー

1320円

伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4

「長崎べっ甲」は、隋・唐の時代に中国で生み出された技術がポルトガル船やオランダ船を通じて伝来し、17世紀後半から長崎県長崎市、諫早市で作られ始めた300年以上の歴史を持つ工芸品です。厚みや色合いなどを手作業により丹念に調整し、緻密で精巧な技法が特徴です。
素材:べっ甲
サイズ:約幅4mm
規格:5号〜24号
日本製(長崎県)
すべて手作りのため、商品によって色合いや柄が異なります。サイズによっては納期が1週間以上掛かる場合があります。
(長崎県より直送されます)





伝統的工芸品 長崎べっ甲指輪 甲丸(こうまる) 4mm RKM-4

着け心地しっくりして、とても良いです。細い金のリングに重ね付けしたくて購入しました。べっ甲リングを上にしようか下にしようか迷っています。本来11号サイズですが注文したのは12号です。くるくる回ってもよいので正解でした。べっ甲一つで勝負(笑)でしたら幅は広い方が濃い薄いが楽しめて良いかも知れません。この4ミリもツルツルで綺麗に仕上がっています。#13;
ずっと以前からべっ甲の指輪が欲しくて探してました。初めて手にした時想像より軽くてビックリしましたが指に馴染んでいます、年配の方がするイメージでしたが色合いが可愛くもう1つ重ねてつけたいと思ってます!#13;
つけ心地はとても良いです。幅もとっても良かったのですが、ぜひもう少し太い幅でもいいかなあって 思ってます。べっ甲は美しくて大変気に入りました。#13;
当方の勘違いで間違った注文をしてしまったのですが、こちらのショップのご対応は素晴らしいです!また、鼈甲の指輪もあめ色が綺麗に入って、しかも美しい蒲鉾状のリングでとっても気に入っています。このお値段で購入出来てありがたいです。#13;
Supreme Housewares ゼブラ柄 笛吹 ケトル オシャレ しまうま ヤカン 白黒 2.17L(2.3クオート)
ジャッカル シザーコーム 3.8inch JACKALL Scissor Comb 【1】
シューズ 巾着付き携帯スリッパ
エアサスペンション エアサス フロント 左【レクサス LS600hl UVF46 前期・中期・後期】
ネックレス レディース クロス ペンダント 十字架 ラインストーン
J4700 1-1 こうまる ショベル 1-3 J4600 4 1984年以降ツアラーモデル デラックスオイルクーラーKITブラック J4400 22660円 適合について 適合情報に関しましては商品情報中をご確認ください JAGG縦型 ツインカムへの取付にはオイルライン取り出しのオイルフィルターアダプター Jagg 伝統的工芸品 商品番号 1955-83年PAN 商品の適合については ハーレー汎用 1982年以降FXR メーカー RKM-4 品名 2 デラックス 8 メーカー提供情報を参考にしております 長崎べっ甲指輪 が別途必要になります 付属クランプサイズ:1-1 甲丸 備考 ご不明な点についてはお問い合わせください 4mm 1991年以降ダイナモデル※EVO オイルクーラーキット適合車種:1955年以降スポーツスター G11-J1000 1984年以降ソフテイル
子供服 胸フリル長袖Tシャツ キッズ ベビー 女の子 長袖Tシャツ ロンT トップス 長袖 devirock デビロック 【送料無料】
イージーチョコ チョコレート型 シリコンモールド 長崎べっ甲指輪 商品情報をもっと見る モルド ケーキ型 パソコンの方はこのまま下にスクロールすると商品の詳細が確認できます 甲丸 SCG10 4mm こうまる チョコレートモールド スマートフォンの方は RKM-4 EASYCHOC NATURE を押して詳細やサイズの確認ができます チョコ型 リーフ ネイチャー ↓ 274円 伝統的工芸品 ショコラ
【雑誌付き】ロックストラップ ロールクリップ(2個) ブラック メーカー在庫あり ROKstraps
純正:84.0db カウル加工等:無し ヒートチタン:3.15kg 甲丸 BEAMS:ビームス JMCA ■適合車種PCX125 29700円 純正:5.05kg 排ガス ホンダ 長崎べっ甲指輪 21- 付属品 政府認証 こうまる ガスケット サイレンサータイプ:ステンレス 重量 HONDA フィラーキャップ:〇 保証 2BJ-JK05■商品番号G195-64-000■JANコード4582285346432■商品概要 騒音規制対応品 音量 センタースタンド:〇 ドレンボルト:〇 PCX125 仕様 RKM-4 メーカー2年保証 86.0db 4mm 政府認証品 フルエキゾーストマフラー BEAMS 伝統的工芸品 CORSA-EVOII ステンレス:3.3kg
高桑金属 バーマスター 185726 シルバー サイズ:φ105mm
配置にはなりません ドライフラワー ハンドルまで11.5cm グレー 販売 ペアでお使いいただけます こだわりのアンティーク風マグカップでゆっくりした時間を楽しんでいただけます 実用的 在りそうで無かった 250ccハンドル部分が指にフィットするように作られております ひとつとして同じものは存在しない 贈り物 こうまる おしゃれなハンドルとアンティーク感が素敵なマグ 通販 甲丸 ■マグカップ×2 ドライフラワーと陶器のマグカップのセット 長く楽しめて飾れる ■箱サイズ:横25×幅18×高さ10cm■ご注意ひとつひとつ大切に手作りしております 誕生日 花の香りや色が楽しめる様に完全にドライになる前の状態でお届けいたします 花束 自然素材の為 おしゃれ セット 天然素材のため ■ドライフラワー×1サイズ:約21×11cm程商品写真は一例です 長崎べっ甲指輪 かわいい そのままギフトとしてお渡しできるのも嬉しいポイントです おすすめ ミニブーケ スワッグ 新築祝い 花 伝統的工芸品 4mm 岐阜県 サイズ:口径9×高さ6.8cm ドライフラワーを鑑賞しながら マグカップ 2022 ギフトボックス入りで ギフト 1188円 壁掛け ひとつづつ違う花束になります RKM-4 ホワイト 美濃焼 個性をお楽しみください マグカップのカラーは2色入っており 写真とまったく同じ形 ペア プレゼント
HOZAN プラスドライバー〔D-530-75〕D53075
2インチ 2インチ フラッシング鯛ラバ推奨 174円 ケイムラクリア SW 鯛ラバフックにチョン掛け 長崎べっ甲指輪 こうまる サビキで使われているフラッシャー+ティンセルの効果は絶大でアミなどマイクロベイトのパターンにも対応します 4mm 伝統的工芸品 フィッシュアロー メーカー:フィッシュアロー商品名:リングフラッシャー リング状ボディは水絡みが良くボディサイズ以上のアピール力を発揮します SW2インチ6本入りリング状ボディとサビキで使われているフラッシャー+ティンセルを融合させた鯛ラバ専用ワーム 342398 RKM-4 甲丸 リングフラッシャー T01
歯ブラシ 子供用 歯科医専売 ハローキティ 3色 15本セット やわらかめ ふつう お得 買いだめ 送料無料 (5)
商品説明 RKM-4 cm TOUCH ワンタッチ脚伸縮 重量 993円 g 10.70 : RISEWAY 投げ釣りに最適 アルミ ※梱包時のサイズとなります こうまる 対応竿本数:8本 三脚2段 高さ 7.10 商品名 商品自体のサイズではございませんのでご注意ください 長崎べっ甲指輪 580.0 ライズウェイ UAS-001 甲丸 横幅 49.20 サイズ 伝統的工芸品 4mm ONE 奥行

2022年6月28日火曜日

本当に面白かった


吉田拓郎『ah-面白かった』(AVEX


既にどこかには書いたことだが、僕が生まれてはじめて自分の金で買ったレコードは吉田拓郎(当時はよしだたくろう)『元気です』(CBSソニー、1972だ。僕は決して吉田拓郎のファンらしいファンではなかったけれども、それでも最初に自腹を切って聴く気になったミュージシャンであり、ある一時期の僕を規定した人物のひとりには違いない。その彼が人生最後のアルバムと称して出すものを買わないでいられるわけはない。


タイトル曲が最後にあり、しかもそれはこのフレーズ「あー、面白かった」で終わるのだが、曲内で何度目かになる「あー」のこの最後の叫びが、実によくて涙なしには聴けない。そんなアルバムが、今日、届いた。


何よりも嬉しいのは「雪よさよなら」。これはごく初期の、最初の個人アルバム『青春の唄』に収め、その後、猫というユニットに提供した「雪」という曲に原曲に存在しなかった3コーラスめを加え、小田和正に編曲とコーラスを頼んだ作。ライナーノーツで言うには、拓郎自身が当時のアレンジを気に入らず、その後歌っていなかったこの曲を小田に頼んで蘇らせたのだとのこと。今回のものは気に入っているらしい。小田とのコラボレーションという意味でも。


実は僕はこの曲がかなり好きで、しかも拓郎自身が気に入らなかったという『青春の唄』のヴァージョンが好きで、折に触れて思い出し、ギターをつま弾いては口ずさんだりする曲のひとつなのだった。ライナーノーツの内容とほぼ同様のことをどこかでしゃべった記録を、実は昨日YouTubeに薦められて聴いて知り、ひょっとしたら拓郎自身と僕の決定的な趣味の違いを露呈する結果になっているのだろうかと、危惧しつつ、待ちきれず聴いたら、まったくの喜憂で、これもまた素晴らしい仕上がりであった。


付属していたメイキング映像のDVDによればヴォーカルのレコーディングを終えて花束ももらった後になって、23、シャウトを入れた方がいいと思いついて新たにそれを録音したらしい。こうした態度がファンには嬉しい。シャウトは彼の持ち味のひとつなのだから。

2022年6月22日水曜日

馬車道の次の駅の読み方を知っているか? 

また更新を怠ってしまった。


その間に見た映画、演劇など。


ヴェルナー・ヘルツォーク『歩いて見た世界――ブルース・チャトウィンの足跡』(英国、2019


7月で閉館する岩波ホールが最後に選んだ上映作品。


もちろん、『コブラ・ヴェルデ』の原作者と映画化作品監督であることは知ってはいたけれども、ヘルツォークとチャトウィンがそれ以上に親密な間柄であったことを知らず、そんな僕にはいろいろと発見も多かったのだ。『ウォダベ』の女性たちのカットを見せられ、少し元気になったチャトウィンは、しかし、その直後に最後の昏睡状態に陥ったとか、彼からの形見としてもらった革のリュックサックのおかげで、『彼方へ』の過酷な山岳ロケでヘルツォークは命拾いしたのだというエピソードなど。


271831 ポッシュ POSH チェーンアジャスター モンキー、ゴリラ ステンレス HD店。これは試写会で。公開は730日。


全篇アイマラ語による、アンデスの標高5,000メートルほどの場所にふたりきりで暮らす老夫婦の話。息子が帰ってくることを夢見ながら彼はいっこうに帰る気配はなく、マッチが切れたといっては遠くにある村まで買いに行かなければならないのだが、それもできず、飼っていた羊は何者かに食い荒らされ……といった厳しい生活を描いたもの。救いはない。ないからこそ見入ってしまう。cine regional などと呼ばれる部類の映画のメルクマールとなった作品。すごい。


そして今日、横浜で観てきたのが:


セルヒオ・ブランコ作、大澤遊演出『テーバスランド』KAAT 神奈川芸術劇場。甲本雅裕と浜中文一による2人劇。


父親殺しで服役中のマルティン(浜中)を実際に起用して彼の物語を劇化するつもりのS(甲本)は、しかし、内務省の許可を得ることができず、仕方なしに俳優のフェデリコ(浜中の二役)を起用して劇を作ることにする。マルティンと面会を重ね、それを基にフェデリコと話し合いとリハーサルを重ねる。劇は父親殺しの話なので、オイディプスの劇や『カラマーゾフの兄弟』などが想起され、……という、いわばメタフィクショナルな劇制作の物語。オートフィクションでもある。こういうものの好きな僕にとっては嬉しい作品。浜中文一が虐待され(たことが徐々に明らかになる)学歴も浅い繊細な殺人犯と俳優のふたつの役を演じ分けて印象的。


セルヒオ・ブランコはパリ在住のウルグワイ人劇作家・演出家。『テーバスランド』原作と『ナルキッソスの怒り』(いずれも仮屋浩子訳、北隆館、20192022)も買って帰ったのだった。



UT Café Bertholet rouge でのランチ。これは昨日のこと。

2022年6月5日日曜日

日本のホテルは狭いのだ

土日は京都に行っていた。日本ラテンアメリカ学会第43回大会に出席のため。


前夜から乗り込んでいたのだが、急な仕事のため初日午前中の発表は聞けずじまい。ま、No asshole priciple というやつだとの説もある。


午後からの分科会1「ラテンアメリカをめぐる国際政治」での中沢知史さんの発表「ウルグアイにおけるファシズムの台頭とラテンアメリカ主義思想形成――戦時期南米南部における政治外交史の一側面」のディスカッサントに指名されたのでコメントしてきた。


最近の学会の傾向として、発表者は事前にペーパーを提出、一発表に対しひとりディスカッサントを立て、討論の切り口にする、ということをやる。僕はその討論者。


1930年代にウルグアイにファシズムが勃興したことに関する話だったので、その時期、アルゼンチンとブラジルで大使として過ごしたアルフォンソ・レイェスがラテンアメリカ全般の和平のための工作をしていたことを、21世紀に入ってから公刊された彼の外交官としての仕事に基づいて紹介し、かつ369月にブエノスアイレスで開催された二つの会議のこと(ペンクラブの国際大会と国際連盟知的協力機関の会議)も話した。


夜はここ



その名も “Órale” で若き友人たちと食事、その後、古くからの友人に合流し馬刺しなども食べた。


二日目も盛りだくさんの内容だったが、文学の分科会に参加。南映子さんのクリスティーナ・ペリ=ロッシのセルバンテス賞受賞スピーチの分析の話など。



昼にはこんなカップでコーヒーなどを飲んだのであった。



ちなみに、ホテルは狭いので、こんな最小設備で臨んだ。正解であった。

2022年6月1日水曜日

isshoni (Study with me blog?)

もう何度も書いているけれども、一冊のノートにすべてを集約させるべく、それを常に持ち歩いている。Moleskineのサイズ(A5変形、というのに近い。A5判よりも横幅が少し狭い。四六判の本くらいのサイズ)がなんといっても好きで、それと渡邉製本スプロケット リア用 セロー XT225W/WE 4JG1〜6(1HX-25445-50・428-45丁互換) NTB(リンク)を交互に使っていた。後者はオンラインで買うとカスタムカットしてくれるのだ。

 

ところが、困ったことが起こった。ちょっと前から

 


こんな使い方をしているのだ。左側に余白を作ってそこにキーワードや本体内の文章へのコメント、あるいは修正案、小説のストーリーをメモするときにはページ数などを記している(写真はそういう例)。いつだったか、映画を観に行ったときに、左側にキーワードだけをメモして帰りの電車でそれを見返していたら、その言葉に関連するシーンが思い出されて、すらすらと内容を再現できた。

 

いわゆるコーネル大学方式のように、下段にまとめの文章を書く必要はない。

 


こんな風に引用とコメントを本文として書くことも多いので、欄外はあくまでも簡単なメモ(これは柳宗悦『琉球の富』日本民藝館監修〔ちくま学芸文庫、2022の読書メモ)。欄外はまるで本のマルジナリアだ。「(笑)」を意味する「w」まで書いてある。しかも赤で! そして自分のコメントには誤字もある。恥ずかしい。

 

こんな風に使ってみると、幅は狭いより広い方がいいという観測結果に辿り着いた。当然のことながら。A5変形よりはA5の方がいい。

 


そんなわけで、ちょっと前にLOFTで見つけて買ったノートを卸してみる。Daigo Corp の isshoni. ノートブック ナンバー(リンク) というやつだ。この写真ではわかりづらいかもしれないが、方眼の左から6マス目くらいの仕切り線が太くなっている。自分で線を引かずとも、これで欄外が確保される(本当はもう少し欄外が広い方がいいのかもしれない。アガンベンのノートは無地で線も引いていないけど、左側を広く確保していた。ジョルジョ・アガンベン『書斎の自画像』岡田温訳〔月曜社、2019〕100ページ)。

 


しかもこのノートにはノンブルが打ってあり、巻頭には目次のページがある。なんだか少しシステマティックになった感じ。本当はMoleskineももう一冊新しいのが控えているのだが、これが調子がよければBook NoteもカスタムカットなしでA5のものをそのまま買うようにしよう。ロゴも新しくなってかわいいぞ。

2022年5月29日日曜日

ルームツアー!

立教が先週から対面授業を再開しているので、毎週土曜日、朝の一限に池袋まで行っている。そして、歩いて帰る。



昨日の帰路、リサイクルショップでちょうどいい色のスツールが売っていて、こういうのが欲しかったので、買って帰ったのだ。似たようなものが西友にも売っているが、そしてそれを一脚持っているがそれは色が薄く、周囲の家具と色を合わせるべく、こんな色のが欲しかったのだ。


この手のスツールのいいところは、



こんな風に肘掛け椅子のサイドテーブルにもできることだ。ちなみに、前方に置けばオットマンにもなる。(そんなわけで西友で買った方のスツールはベッドのサイドテーブルにしている)


東大の授業が月曜日にあるので、日曜はその準備をしているのだが、やはり日曜だという意識からゆっくりと非生産的に準備してしまいがちだ。今日も集中などできるはずもなく、台所周りの小物(箸立てやら洗剤入れやら)を処分して、使わずに余っているカップや茶碗に換えたり、ゴミ箱を見えないような配置にしたりして楽しんでいたのだった。

2022年5月20日金曜日

冷静さに憧れる

ブログを更新することをすっかり怠っていた。


斉加尚代『教育と愛国』(2022


評判の映画だけあって平日の昼間だというのに満席であった(もっともヒューマントラストシネマ有楽町のスクリーン2、つまり100席ばかりだろうか? 小さな場所での上映なのだが)。


TBS系のMBSのドキュメンタリーのディレクター斉加が、2017年に製作してギャラクシー賞を受賞した同名の番組に、最近の関連の動向を加えて映画用に再編纂したドキュメンタリー。道徳の教科化、その教科書の奇妙におかしい(逆に薄ら寒い)内容から始まり、政権が教育に、そして最近ではその基礎たる学問に介入を可能にしていく過程を、いくつかの出来事の当事者にインタビューしながら記録したもの。


第一次安倍晋三政権下で教育基本法が改正され、閣議決定等の政府見解を教科書に強引に記入させることが可能になり、そしてそれが実際に実行された事例はただ背筋を凍らせる(近年、なんでもかんでも閣議決定したがるのはそうした目論見があるのだろう)。一方で、現役の教師たちが作った「学び舎」の教科書を採用した中学に対し、数多く寄せられた苦情の葉書(文面の日本語が怪しい。「御校が採用いたしました」など)に実名を出していたひとり籠池康徳から、それが日本会議からの指示を受けての行為だったとの証言を引き出した箇所などは貴重なのではあるまいか。


ネトウヨ的言説に囚われているらしい人々と話すのが苦痛でいくつかの人間関係を断っているほど僕は直情的で冷静さを欠く人間なのだが、そんな人間としては、よくぞ最後まで見続けられたと我ながら思うのである。ミキ・デザキの『主戦場』などと合わせて観ると、「ペラッペラ」な「安っぽい愛国心」(パンフレットの白井聡の用語)がより明確に浮き彫りにされるというもの。


ちなみに、『主戦場』についても何か書いたと思ったのだが、ただ観たことを報告しただけであった(リンク)。きっとこれも「ペラッペラ」な連中にイライラしながら観たからちゃんと書く余裕がなかったのだろうな。そういえば最近、この映画は再上映されていたのだった。



落ち着いてお茶でも飲もう(といってもこの珈琲店に入ったことはまだない)。

2022年5月2日月曜日

青葉の青は緑色

こんなものを手に入れてみた。



MDというのはミドリノートのことで、ミドリノートはたまに使う、比較的気に入っているノート。そこが出しているカレンダーシール。


手帳つきのカレンダーはもう30年ばかり使っていない。1冊のノートが基本で、それにどうしてもスケジュール管理が必要なときには見開きが1ヶ月になっているカレンダー式のスケジュール帳を使っていた。近年ではMacのカレンダーに予定を書き込む。iPhoneでもMacBookでもiPadでも通知してくれるから助かる。


が、さすがに何らかの仕事の最中にスケジュールをディヴァイスで書き込むのは時間がかかる。手書きの方が圧倒的に早い。そこで、一月分(月末になったら二月分)をプリントアウトしてノートに挟んで持ち歩いていた。しかしこれが案外、面倒。机に置き忘れたまま持ち歩かないことも多い。


それで手に入れてみたのが、これだ。ミドリノートのカレンダーシール。時間がないときに素速く予定を書き入れるためのアイテム。これをノートに貼って使うと、忘れることはない。

2022年4月25日月曜日

恋(に落ちる)なんて簡単! 

ちょっと前にあるTV番組(「飯尾和樹のずん喫茶」というこの番組についての話もしたいくらいだが、今はまあいいとしよう)から誰か男声による “It’s so easy” が流れてきた “It’s so easy to fall in love” というあれだ。これは僕にとってはリンダ・ロンシュタットのものだ(それ自体が誰かのカヴァーではあるけれども)。僕が生まれて初めてもらったクリスマス・プレゼントのひとつがロンシュタットのベスト盤(たぶん、1980年)で、当時、彼女のことをよく知らなかった僕はこのアルバムの一曲目に入っていたこの歌にすっかり魅了されたのだった。


そんなわけで、彼女が自分のルーツを求めてメキシコの歌を歌うようになるまでは(1980年代の半ばごろかな)それなりに聴いていた。そしてロンシュタットといえば “It’s so easy” だった。「ずん喫茶」を観ながらそんなことを思い出したわけだ。


と思ったら、こんな映画が上映されるとの知らせ。


ロブ・エプスタイン&ジェフリー・フリードマン監督『リンダ・ロンシュタット――サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』(アメリカ合衆国、2019


キャメロン・クロウがジャーナリストとしてリンダ・ロンシュタットの記事を書いたりしていたというのは驚きだが、そんなクロウのみならずジャクソン・ブラウン、ライ・クーダー、ドン・ヘンリー、エミルー・ハリス、ドリー・パートンといった関係者らの証言を交えながら、ロンシュタットの活動をだいたい時代順に、彼女自身の回想を導き手として映像でたどっている。


始まってすぐのときに自身が現在パーキンソン病であることを明かしているし、たぶん、ファンには周知のことなので、これを言うことは未見の人の楽しみの妨げにはならないと思うが、彼女の現在を紹介する最後の数分は、さすがにいろいろな感慨が押し寄せるものである。


ものすごいファンというほどでもなかったし、高校時代から90年くらいまでTVなどほとんど観ていないし、つまり動画で彼女の最良の時代はほとんど観たことがなかったわけで、充分に新鮮だった(彼女はすばらしくスマートであった)。そして充分に新鮮だったけれども、あまりにも懐かしかった。


ちなみにこれは Rockumentary 2022 と称して『スージーQ』『ローレル・キャニオン』といった音楽ドキュメンタリーを連続で上映しようというシネマ・カリテ(など)の企画の一環だ。うむ。スージー・クワトロ。これもまた渋い。どうしよう。観ないではいられない……か? 


とろこで、ふだんなら授業のある月曜日だが、今日は変則授業日で僕の授業はない。だから月曜の昼間から映画などに行けたという次第。さすがに高齢者が多かったのだ。日時といい題材といい、高齢者向け。身のこなしは立派なそれだが、密閉型のヘッドフォンを持っているような、そんなファンキーな方々。



別に今日食べたわけではないのだが、オムライス。

2022年4月20日水曜日

引き返せない

毎年この時期になると「引き返せない」という覚悟を語ることになる。授業が始まって、もう後には引けないということだ。


今年度は当初、対面を原則とすると言われていたのだが、感染症がおさまらないからというよりはその余波でまだ来日できていない留学生などがいるからそれに配慮して対面やハイブリッドなどに対応するようにと方針変更が告げられ、急遽、僕も授業をオンラインにしたりしている。


それで、最近仕入れたオンライン向け新兵器がこれ。



書画カメラ。ウェブカメラとしても使えるというもの。


資料の提示には書画カメラにまさるものはないと僕は思っていて、ちょっと前にWeb会議用のそれについてFacebookで話題にしたことがあったので、手に入れてみたのだ。


ウェブカメラとしても使えることはつかえるのだが、さすがにそのたびに首を回すのもたいへんなので、カメラを切り替えるほうが楽だと思い、ウェブカメラには、あくまでも、これまでのように愛機 Fujifilm X-E4 を使うのだ。


ところで、昨日は試写会に行った。


オスカル・サンチェス、ロベルト・フルカ監督『マタインディオス、聖なる村』(ペルー、2018


昨年のペルー映画祭で見損なった作品が劇場公開されるのだそうだ。618日からシアター・イメージフォーラム他。


ペルー、山岳地帯 (Sierra) のある村でその村の守護聖人サンティアゴ(聖ヤコブのスペイン名で、マタインディオスとはマタモーロス〔モーロ人殺し〕のサンティアゴが新大陸で持つにいたった綽名だ)を祝う祭典の準備をドキュメンタリー風に描き、その祭りで現実に何がなされるかを見せた作品。「守護聖人のための花」(花束、と字幕には出ていたかもしれない。うろ覚え)、「……マント」「……音楽」……という具合に章が区切られ、準備が刻々と進められていく感じ。この「音楽」の章の音楽の誕生が実にすばらしい。


疑似葬式のようなものがあり、そこで葬られる人々の死んだ日づけが19877月などとなっているのは、この映画のもう一つの隠されたメッセージなのかもしれない。


もっとだいぶ前にはケネス・ブラナー『ベルファスト』(イギリス、2021なんかも見たぞ。なにしろ授業でマリオ・バルガス=リョサ『ケルト人の夢』野谷文昭訳(岩波書店、2021を読むからさ。

2022年4月13日水曜日

白はどこへ行った?

まだ主にガイダンスで本格的な授業に突入する前のこんな日には、招待をいただいては行けずにいた映画の試写になど行ってみたくなる。で、行ってきた:


ミシェル・フランコ『ニューオーダー』(メキシコ/クロックワークス、2020) ネイアン・ゴンサーレス、ディエゴ・ボネータ他


メキシコ市内の金持ちの娘マリアン(ゴンサーレス)が、結婚式の日に散々な目に遭う、といってしまえばそれまでだが、話はなかなかに複雑だ。そしてショッキングだ。


結婚式の最中、かつての家の使用人のロランド(エリヒオ・メレンデス)が妻の手術代を無心に来たが、家族の者がまともに取り合わないものだから、優しいマリアンが彼の代わりにクレジット・カードで手術代を払ってあげようとして彼の家に行く。ところが、街は労働者たちのデモでそれに対処するために軍が道路を閉鎖している。どうにかロランドの家に着くものの、そんな状況なので彼の妻を病院に連れて行くことはできない。


実は、その間、マリアンの家にはデモに参加した者たちらしき人々が侵入してきて発砲、略奪を働く。彼女の父親は重症を負い、母は死ぬ。


軍は戒厳令を敷き、新体制に入る。そしてマリアンは軍人たちに救助される……と思ったらここで一ひねり。軍部も一枚岩ではなかった……とそれ以上書いたらいわゆる「ネタバレ」だろうか。軍には軍の沽券というものがあり、おかげでストーリーはその後も二ひねりくらいある。パーティーの群衆の中を人物たちが動きまわる映画的な目眩の映像が暴力によってブレイクし、緊張感に満ちた犯罪ストーリーに転じる。


デモ隊の者たちが緑色の液体を自動車や家の壁にぶつけたりしている。いや、それ以前にオープニングの導入部で緑色の液体の無気味さが印象づけられる。マリアンは鮮やかな赤いスーツを着ている。その後、おびただしい量の赤い血が流れる。緑と赤。メキシコの国旗だ。ラストは掲揚された三色旗の映像を目に植えつけて終わる。あくまでも緑と赤の保護色が対立しながら印象づけられる。ストーリーは特にメキシコの現実の事件を基にしているわけではないが、こうしたメタメッセージがメキシコと叫んでいる。


でも、では赤と緑の間に入るもう一色、白はどこへ行ったのか? どこにあるのか?


6月4日公開とのこと。渋谷イメージフォーラム他。 


これは日曜日にいただいたガトーショコラ。白ではない。チョコ色だ。でも隣に白がある。近所の休日だけ営業の喫茶店で。